歯科助手について

3月 15th, 2014

私は、5年前から歯科助手として働いています。
勤務時間も働きやすいシフトだし、仕事内容は重労働ではないので、女性に向いている職業だと思います。
同僚には主婦の方も多く、パートとしても活躍できますよ。
 
仕事内容や資格についてはこちらがいいようです。
 
歯科助手の資格と仕事

私の勤務している歯科医院私の勤務しているところは、午前のみ、午後のみでもOKの歯科クリニックです。
通勤も便利ですし、自分の生活スタイルに合った、ホントに働きやすい職場を選んだと思います。

私の場合、経験はあったものの、ブランクがあったので、人柄重視で採用された感じです。
明るくて、前向きな性格だったおかげで、ブランクがあること気にせずに、資格を持っていることを強みに、「即戦力になれると思います!」と積極的にアピールしました。

もともと、資格は持っていないものの、過去に歯科で働いていたことがありました。
でも、結婚を機に一旦やめて、再就職のために、通信講座で、改めて資格の勉強をして取得したんです。

主婦業をこなしながらの勉強でしたが、カリキュラムもそれほどやりにくいものではなく、自由な時間に勉強することができました。
約半年でカリキュラムを終えて、見事に資格を取得。
そして、すぐに、就職活動をして、今の職場に採用されたというワケなんです。

再就職はしたかったものの、家庭もおろそかにしたくなかったので、今の職業はホントに自分にピッタリだと思います。
週2日からの勤務でも嫌な顔をされることもないですし、待遇が悪くなることもありません。

まわりのスタッフも、パートさんや育児中の方、ブランクがある方など、私と同じような境遇で働いている方も多いので、協力し合って働ける環境にあります。

それに、医院長も、スタッフが働きやすいように配慮してくれる方ですし、女性が働きやすいように、同じような立場の方を雇ってくださっているようです。

歯科での事務業務仕事に関しても、難しい注文をされることもなく、みんなが協力して、患者さんを大切にする心を持って業務にあたることだけを持て求めているので、個人個人が働きやすく、切磋琢磨して、より良いクリニック作りに努めることができます。
ホントに、このクリニックで働けて幸せですし、歯科助手としてのやりがいを感じることができ、毎日が充実しています。

これも、以前、働いた経験と、その後に資格を取得した実績があるからだと思います。

歯科助手は、歯科医師のアシスタントとして不可欠な存在ですので、求人が多く、職場が探しやすいというメリットがあります。
これから、医療業界を目指すなら、歯科助手がおすすめですよ!

また、まずは【医療事務の資格と取ってから!】と思っている方も多いと思います。
一言に医療事務といえども、多数の資格があります。もし迷ったら
医療事務資格の種類・一覧ガイドを見てみると、ジャンル別・受験資格別にたくさんの医療事務資格が紹介されていますので
ぜひそちらも調べてみて下さい。

 

Comments are closed.